ようこそ工房へ

オノを使う職人
オノを使う職人

■臼の通信販売はしていません。

同じ臼は二つとないため、個々に価格設定をしています。
木の癖に合わせて作っています。同じ臼は二つとないため、直接ご覧いただいての販売となります。
 
販売後のフォローが必要なため。
保管場所のご相談やメンテナンスなど、通信販売ではアフターフォローが難しいため。

■臼・杵の修理受け付けは11月から3月までです。

臼診断・お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。

■休みにする日

令和元年12月16日・令和2年1月1日(水)・2日(木)
※年末は12月31日まで営業。年始は1月1日・2日が休みとなります。
※定休日はありません。土・日・祝祭日も営業しています。
※上記以外にも配達などで留守にするときがあります。

■作業場移転のお知らせ

作業場を建物の裏側に引っ越しました。道路に面した側は店舗兼物置です。ご来店の際は呼び鈴のボタンを押してください。

臼工房 柴田

〒251-0027
神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡1-18-22

・小田急江ノ島線・本鵠沼駅・徒歩5分。
・駐車場あります。
※ご来店の際は必ずご連絡ください。
電話 0466-28-4640(午前9:00~午後6:00)
※作業中は電話に出られないことがあります。
※留守番電話になっています。
メール reiwa1nendo@usu.jp
※メールアドレスは年度(4月1日)ごとに「年度@~」と変わります。迷惑メール対策です。
※写真をお送りいただくときは事前にご連絡ください。
※2日以上返答がない場合は、パソコントラブルなどが考えられます。お電話などでご連絡ください。
 

■自己紹介・経歴

オノを使う職人臼職人・杵職人
柴田 芳久(しばた よしひさ)

1964年神奈川県藤沢市生まれ。天秤座、O型、趣味は焚き火。広告関係の仕事から転身。植木屋、刳物(くりもの)木器作家を経て手掘り臼職人・杵職人に。当ホームページも自作しています。
1994年 30歳で広告製作会社を退職。
1994年 手刳り(手彫り)の木器を独学で作り始める。
1995年 植木屋に転職。
2000年 木器作家として工芸ギャラリーデビュー。
2000年 埼玉・飯能の吉田徳次のもとで臼の修行を始める。
2003年 9月1日独立・開業、ホームページ開設。
2006年 うすいちくんの“もちつき講座”HPを開設。
2007年 兵庫県立考古博物館の弥生時代・臼杵復元。
 

■臼職人としての経歴

埼玉・飯能の吉田徳次氏に師事。
2000年に吉田氏に弟子入り。当方の臼・杵は吉田氏の作り方・形状を基本としています。独立後も原木の見方を教えていただいたり、材料を分けていただいたりと長年に渡りお世話になりました。残念なことに2018年に69歳の若さで亡くなられてしまいました。
 
東北地方・S氏にくびれ臼とヤリガンナを教えていただきました。
2002年にくびれ臼の作り方を学びたくてS氏を訪ねました。当工房ではくびれ臼は製作していませんが、何度か臼作りを手伝いに行っています。S氏はヤリガンナの名人で、使い方を教えていただきました。
 
K氏にオノを使った荒掘り「段下げ」を教えていただきました。
手掘り臼職人のK氏の手伝いに行き、オノだけを使った荒掘りの方法「段下げ」を教えていただきました。
 
※S氏、K氏と当方の臼作りは異なる部分があるため、ご迷惑が掛からないようイニシャルでご紹介させていただきました。
 
 
もちつき講座

Scroll Up