オノを使う職人
オノを使う職人

臼(うす)は昔ながらの作り方

今では少くなった手掘りの木臼。手作業でコツコツ作っています。

杵(きね)ももちろん手作り

柄がゆるみにくい特殊な構造と、カンナ仕上げのツヤが自慢です。

臼杵修理は愛情で

手作業で修理します。木臼はメンテナンスで長~く使えますよ。

レンタルでお気軽餅つき

レンタルでは珍しい木製の臼。未経験者には餅つき指南いたします。

◆お知らせ◆

杵専門の通販ショップを開店中。

杵は通信販売でご購入できます。

臼修理の受け付けは11月から3月までです。

発送での修理も受けします。送料のお見積り致します。

餅つき用品レンタルもしています。

木臼、杵、薪用とご家庭のガス台用蒸し器もご用意。
 
 
臼作りの手道具
木臼作りの手道具は多くが鍛冶屋への特注品。基本的な作り方は縄文時代後期から変わりません。

杵の特殊な構造
杵柄は先が角で元が楕円のゆるみにくい特殊な構造。ノミで掘る手作業ならではの作りです。

餅つき用品レンタル一式
餅つき用品のレンタルはバケツとたわし付き。蒸し器をセットにすると、薪は無料サービスに。

削り直し補修
長年の餅つきで傷んだ臼の削り直し修理例。修理も昔ながらの手道具による手作業です。

杵の削り直し補修
欠けた杵の修理例。割れると駄目ですが、欠けが小さいときは削って修理します。

弥生時代復元
考古博物館からの依頼で、弥生時代の大型の木臼と棒状のタテ杵を復元しました。

餅つき専門のホームページを開設しています。

餅つきの道具の使い方からお餅のつき方、臼と杵との付き合い方まで、イラストでわかりやすく解説しています。
もちつき講座

Scroll Up