臼職人で杵職人の一年ブログ

臼修理の受け付けはじめました

修理に来た臼2臼修理の受け付けを始めました。臼の修理は11月から3月までの寒い時期しかしていませんが、今年は順調に涼しくなってきたので、早めに受け付けをはじめました。すでに2個お預かりしています。

修理に来た臼1今年は臼杵を使う機会は無いかもしれませんが、来年のお餅つきに備えて修理をされてはいかがですか?修理の場所を空けてお待ちしています。よろしくお願いいたします。

個々の杵の重さを計測しています

杵の重量を記載同じケヤキ材の同じ太さの杵でも、個々の材により重量が異なります。手作りでそれほど正確には作っていないということもありますが。当方のお客様は杵の太さだけではなく、重さも気にされる方が多いので、新たな試みとして各々の杵の重量を計測することにしました。

杵を作り始めていますネット通販では実際に杵を持つことはできませんから、太さごとのページ内に重量で選択できるようにしてみました。杵も少しずつ先と柄を組み立てる作業を始めましたので、在庫切れにならないように頑張ります。

久しぶりの江ノ島神社

江ノ島神社・参道鳥居毎年、秋と春の臼シーズンの初めと終わりに江ノ島神社にお参りに行っています。ところが春は新型コロナの影響でお参りに行けませんでした。
今日は少し旅気分を味わっていただけるよう、歩いた順に紹介していきますね。まずは江ノ島に入ってすぐの参道の入り口にある鳥居です。

江ノ島神社・大鳥居なだらかな坂道を上がってお土産物店を過ぎると、大きな鳥居があります。この先からは石段が続きますが、足腰に自信がない方はエスカレーターで上がれます。ただし、下りがないのでご注意をください。

江ノ島神社まずはこの辺津宮に到着します。平日の午前中の人出はコロナ前よりもかなり少ないですね。お参りする人もまばらです。ここでお守りとお札を授かって、次の中津宮に向かいます。

江ノ島ヨットハーバー・セーリング会場中津宮に行く途中に展望台があり、ヨットハーバーが一望できます。東京オリンピックが開催されてセーリング会場になるはずでした。来年は何とか開催してもらいたいですね。

江ノ島神社・奥津宮江ノ島灯台よりも奥にある奥津宮(おくつみや)まで行ってきました。「辺津宮」「中津宮」「奥津宮」の3つのお宮をお参りするのがいつものコースです。観光ではないので、頑張って歩いて往復で1時間ほどで帰りました。
さあ、今年も臼と杵を頑張りましょう!

Scroll Up