臼職人で杵職人の一年ブログ

臼の上面と縁はカンナでシャープに仕上げる

臼上面のカンナ仕上げ作業臼作りが途中だったので、仕上げの作業をしています。上面はカンナで削って仕上げます。臼の上面は木口になるので、キッチリ研いだカンナじゃないと上手く削れないんですよ。

上面の内側傾斜臼の上面は内側に傾斜した作りになっています。定規を当てるとこのくらい内側に隙間ができます。昔は臼でお米をついていて、跳ねた米粒が内側に戻るように上面に傾斜をつけていました。餅つきの場合は平らでもいいのですが、米つき臼の伝統的な形なのだと思います。

臼内縁の仕上げ削り作業内縁も曲面になった台のカンナで仕上げます。よく切れる刃物で削らないとシャープで鋭い仕上がりになりません。ここが腕の見せ所じゃないでしょうか。

Scroll Up