環境に優しい臼屋とは…

…昔のままの臼屋ということ。

江戸時代より昔には合成塗料も接着剤もありません。ガソリンエンジンもないので排気ガスも無し。そんな昔を見習うことが、環境に優しいことだと考えています。

国産の木材だけを使っています。

臼・杵は国産の木材を使った無塗装仕上げです。合成塗料・接着剤を使用しません。

修理に力を入れています。

臼も杵も永くご使用いただけるよう、修理・メンテナンスに力を入れています。臼屋が忙しい11・12月も修理を受け付けています。

材料を無駄なく活用します。

杵の柄には縞模様のあるカシ材も使用します。

縞模様のカシ材は、見栄えが悪いという理由であまり使われません。縞模様はカシのタンニンと鉄分が反応して黒くなったもの。使用上は全く問題ありません。

短い丸太も手作業で製材しています。

チェンソーを使用した手作業の製材で、製材所では扱えない短い丸太も活用しています。

ゴミを減らす取り組み。

木クズを分類することで再利用できます。大きい端材は餅つき用品レンタルのマカドの燃料や薪ストーブに、小さい木片は修理のときの湯沸し用の薪材に、チェンソーや機械屑はヤギの寝床や畑の堆肥に利用しています。

手仕事によるCO2削減。

手作り、手掘りの臼・杵は機械をあまり使わず、大きい材の移動も手動のチェンブロックを使うなど、手作業中心のCO2の排出量が少ない作り方です。

地球温暖化は臼屋にも深刻な影響が。

寒い時期に伐採した木しか使えないのに。

寒い時期が短くなって、材料の調達が難しくなってきています。

キクイ虫が元気になっている。

木は常にキクイ虫に狙われていて、臼を穴だらけにする虫や、杵柄にするカシ材を喰う虫もいます。

臼の保管が難しくなる。

臼は環境の変化に敏感です。高温多湿になればカビが生えやすく、砂漠化するればひび割れしやすくなります。

Scroll Up