臼職人で杵職人の一年ブログ2

カテゴリー「お知らせ 」の投稿

この秋で臼職人歴20年に!

臼職人歴20年に平成12年(2000年)に埼玉県飯能市の臼職人・吉田徳次氏に師事し、この秋で職人歴20年となります。修行を始めたときは35歳でした。木工を始めたのは30歳のときですから、木工歴は25年ということになります。修業初日が何月何日かは覚えていませんが、以前は秋のお彼岸が過ぎたら臼を作り始めたので、9月下旬から10月上旬が臼職人としてのスタートになると思います。それから3年後の平成15年9月に神奈川県藤沢市で独立したので、工房は創業17年になります。
そもそものきっかけは雑誌で吉田さんの臼作りが紹介された記事を見て興味を持ったことです。飯能に会いに行ったのですが、そのときは臼職人になろうとは全く考えていませんでした。ましてやこんなに長く続けられたのは奇跡といってもいいでしょう。ここまで来られたのはお客様の支えと協力してくれた方々、それに臼の神様のお蔭と感謝しています。残念なことに、師匠は平成30年(2018年)に69歳で亡くなってしまいました。
この20年で臼や餅つきを取り巻く状況は大きく変化し、年々厳しくなる一方です。とくに今年は新型コロナウイルスの影響で餅つきイベントが中止になると予想されます。そんな状況ですがまだまだ頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします。
※写真は2008年に当方が雑誌で紹介されたときにカメラマンの方に撮影していただいたものです。

新しい作業場を紹介します

作業場・外観新しい作業場を紹介します。通りに面した表から裏に引越しました。東向きになって明るくなりました。裏なので道路からは見えません。

作業台引っ越して一番悩んだのは光の向きです。西側から東側に移り、サッシの位置が変わったことで、カンナ作業では材の表面の見た目が変わってしまいました。当初考えていた向きではなく、光の方向に合わせて作業台の向きを変えました。実際に作業をしないとわからないことでした。

蛍光灯の照明器具物置部屋だったので新たに照明を設置することになり、これも悩んで蛍光灯にしました。どうもLEDは眩しい感じがして苦手で。7.5畳の部屋に20W×2本の蛍光灯器具を3台吊っています。明るさは十分ですが、近い将来はLED化することになるでしょうね。

研ぎ場の蛇口別の部屋にある研ぎ場には蛇口が付きました。以前は蛇口があったのですけど、鉄管が錆びて根元から折れてしまったんです。改装をきっかけに新たに蛇口を設けました。研ぎが快適になりましたよ。

工房・道路側外観道路から見るとこうなっています。作業場が裏に移って、表の通り側は物置部屋だけになってしまいました。外観だけもお店っぽくしようと思い、今はこんな感じです。呼び鈴も付けました。それでも誰も出てこないときは、お手数ですがお電話ください。どこかにいることがありますので。

作業場を移転中

新作業場(入口)作業場を通りの表側から裏に移転することになりました。以前は物置だった所です。入口は新しくサッシを取り付けてもらいました。作業場の外はいつも臼修理をしている場所です。作業場と臼修理場が直結したので、臼の埋め木補修などの修理はやりやすくなります。

新作業場(外から)中のコンクリートの土間が完成したので、道具などを運んでいるところです。床に置く大きい機械や作業台は運び終わりました。スペースが10畳から7.5畳に、面積が3/4になってしまいました。機械類が置けるか心配だったのですが、何とか大丈夫みたいです。

新作業場(中)小さい物は棚などを活用して上下に収納していくつもりです。じつはまだ電気が来ていなくて、作業場が使えるのは2週間くらい先になりそうです。ただ作業場の移転は、建物の改修をするための前段階で、本格的な工事は来週からです。

Scroll Up