臼職人で杵職人の一年ブログ2

臼作りを始めました

臼作りはじめやっと臼を作り始めました。台風の影響で何日か作業が遅れてしまいました。今日は曇って涼しくて良いのですが、晴れるとまだ暑いですね。

臼の形に臼作りにはまだちょっと時期が早いので、チェンソーで臼の形にする荒削りまでで終わりにします。仕上げは10月に入ってからにしましょうか。

臼作りの前に草刈りで、なぜかヒガンバナが

草刈り臼作りの前に、茅ケ崎に借りている作業場の草刈りに行ってきました。サッパリしたので、気持ちよく臼を作れます。ところで、影になったところに赤い何かがありますよね?

ヒガンバナおやおや、なぜかヒガンバナな一輪だけ咲いていました。もちろん刈らずに残しています。心が和みますね。

臼作り前は江ノ島神社へお参りに

江ノ島神社そろそろ臼を作り始めるので、江ノ島神社にお参りに行ってきました。毎年、臼作りの前には作業の無事をお願いしているんです。お参りだけして、1時間ほどで帰って来ました。

江ノ島の灯台晴れて風が穏やかで、台風が近づいているとは考えられない良い天気。平日の午前中は観光客が少なくて空いていました。秋の江ノ島、お薦めですよ!

組み立てたら杵完成です

杵にあけた穴柄を入れる穴をノミでこんな感じに掘ります。持ち手側が楕円で、先が四角穴になっている、手作りならではの特殊な構造になっています。

杵の組み立て先に柄を入れて組み立てれば完成です。9月に入って涼しくなったら外作業をしたいので、暑い日や雨の日の仕事にしようと思います。

柄の仕上げ削り

柄のカンナ仕上げ最近は涼しいので、暑さに弱い身としては助かりますが、ここまで天気が悪いと色々と心配になります。今は杵柄の仕上げ削りをしています。これでやっと柄が完成というわけです。本数が多いので、またしばらくはこの作業が続きます。

Scroll Up