臼職人で杵職人の一年ブログ2

「2017年10月 」の投稿

修理スペースの拡張工事をしました

修理場所臼修理前に修理スペースを拡張する工事が終わりました。4畳から6畳ほどのスペースになり、臼の修理がやりやすくなります。この長雨で工事が遅れに遅れていたので、11月1日から臼の修理作業ができるように、工事してもらいました。

工事風景雨続きなので、昨日の台風より前からテント下で作業をしてもらっていました。外仕事の人たちは雨で作業が進まず大変なことになっています。臼作りも外仕事ですからぜんぜん進んでいません。お天気の気まぐれには困ったものです。

臼を作りましたよ

臼雨続きで臼作りの作業ができませんでしたが、今日やっと小さい臼が1個完成しました。荒掘りまでやっていたので、一日で完成しました。でも、明日からはまた雨なんですよね。

道具達ノミ、カンナ、臼用の手チョウナを使って臼を作ります。中央の穴空き板は「ぶんまわし」というコンパスです。穴に釘を刺して円の中心として、端の溝に鉛筆を当てて回して円を描きます。穴の位置を変えれば描く円の大きさを変えられるます。

久しぶりのオノ作業

オノの作業臼の中の荒掘り作業を始めました。オノを使ってガンガンと掘っていきます。まずは小さい臼から手と体を慣らしていくのですが、久しぶりのオノ作業は思ったよりもキツイです。

臼の荒彫りまだ臼作りには時期が早いので、一気に完成させないで段階ごとに進めることにしました。今回はここまでの作業とします。

Scroll Up