臼職人で杵職人の一年ブログ2

カテゴリー「道具 」の投稿

杵仕上げ用カンナの台の仕立て

杵を削るための手カンナ杵の頭部分を仕上げ削りするための手カンナを仕立てました。今までメインで使っていたカンナ(写真右)の刃が研いで短くなってきたので、別のカンナ(写真左)を仕上げ用に仕立て直すことにしました。

杵の仕上げ削り用手カンナの仕立て杵用のカンナは円筒形を削るため、木製の台だとすぐにすり減ってしまうので、ステンレス貼りという特殊なカンナを使っています。このステンレス板の微妙な歪みがなかなか治らず、この台の調整が想像以上に大変でした。

手カンナと削りくずステンレス板を止めているネジを外して、ステンレス板を叩いて曲げ、木の台を削り、ネジで止めて、試し削りをしてを繰り返して、思うような削りくずが出るまでにほぼ丸1日掛かってしまいました。

杵のケヤキはカンナで削ると艶が出る杵のケヤキ材は手カンナで削るとツヤ(艶)が出るんですよ。光が反射しているのがわかりますか?木目がハッキリと浮き上がって、手触りも全然違います。カンナは使いながら不具合があったら調整するようですね。

オノの柄を入れました

薪割りオノの柄友人に頼まれてオノに柄を入れました。古い薪割りオノで刃の部分しかありませんでした。薪割り用ですから、刃の部分がかなり鈍角になってますね。

薪割りオノの柄付け最近は臼の仕事はこの時期はあまりないので、道具の手入れや作業場の整理、庭木の手入れ、草刈りなどをしています。時間があるときじゃないとできないこともありますからね。柄を入れるのはあんまり得意ではないので、ゆるまないとよいのですが・・・。

手押しカンナ壊れる

手押しカンナ杵の柄を作っていたら、小型の手押しカンナが変な音がして壊れてしまいましたぁ。修理に持って行くと、こんなご時世ですからいつ治るかわからないとのこと。去年はバンドソーが壊れるし、20年近くやっていると色々と壊れてくるんですね。

杵柄用に加工した角材手押しカンナは正確な直角を出すのに便利な道具です。カシ材を杵柄用に正確な仕上がりサイズの角材に加工していたのですが。角材は作りためてあるので次の行程に移ります。

杵作りは鉛筆削りから

鉛筆を削って杵作り杵製作を始める前には鉛筆を削ります。何となく気を引き締める効果があような感じがして。鉛筆削り器は使いません。木工を仕事にしているのですから、鉛筆くらいはちゃんと削れないと。鉛筆は普通のカッターナイフで削っています。削りやすくはありませんが、鉛筆の芯は硬いので刃物が痛みますから。

木工と鉛筆削りF杵作りのように正確な作業を要求される仕事のときは、「HB」よりちょっと硬めで「H」より濃いめの「F」がちょうどいい。ところが残念なことに愛用の三菱ユニスター「F」は廃番となってしまいました。あんまり人気ないみたいです。

臼掘り用の手チョウナの話

臼掘り用手チョウナ色々臼掘り用の手チョウナと一口に言っても様々な形があります。主に職人によって異なるのですが、色んな出会いからこれだけの手チョウナを使っています。この中の1個あれば臼は作れるのですけど、削る場所や臼の大きさで使い分けています。

臼の中を手チョウナで削る1臼作りで最も重要な手チョウナはこれ。ちょっと変わった形で使いにくそうですよね。当方の臼の掘り形状はミカン掘りと呼ばれていて、最も大切なのは丸過ぎず平ら過ぎずというカーブです。この手チョウナを使うだけで、自然と臼の中の底をちょうど良い感じの曲面に導いてくれるんですよ!

臼の中を手チョウナで削る2中の掘り方でもう一つ大切なポイントがあって、中の底から側面への立ち上がり部分の削りです。当方では手返しがしやすいように浅めに掘っているのですが、中が広く見えるようにこの立ち上がり部分をしっかり削っています。逆にこの部分の削りが甘いと、深い臼でも狭く感じてしまいます。臼選びでは中の深さだけではなく、形状も注目してくださいね。

Scroll Up