臼職人で杵職人の一年ブログ2

カテゴリー「修理 」の投稿

臼作りも臼修理も同じ

臼の削り直し仕上げ作業をしているところ臼削り直し修理の仕上げ削り作業をしているところです。臼作りも臼修理も同じ作業、同じ道具、同じ気持ちでやっています。

臼の中を仕上げる道具はヤリガンナこんな曲がったヤリガンナも、台が反った小さいカンナも、臼作りと同じ道具です。ただ、臼の修理では穴の掘り形状が様々なので、修理専用に曲面の違う台カンナを使い分けています。

削り直し修理の臼は堅い

削り直し修理中です臼の削り直し修理の作業を始めました。まずは手チョウナという道具でコツコツと荒く削っています。工程そのものは臼作りと変わりませんが、古い臼は材が乾燥しているのでとても堅く、削るのは容易ではありません。

水を張った臼そこで臼に3日以上水を張ったり、お湯で中をふやかしてから削ります。それでも堅くて深くは掘れず、通常は荒削りを2回、仕上げ削りを1回します。ですから水を張るだけで1週間ほどの期間が必要となります。

臼の修理始めました!

修理を待つ臼臼の修理を始めました。修理・メンテナンスは寒くなってから作業をするので、11月からと決めています。有り難いことに、もういくつか臼が削り直し修理を待ってくれています。まずは臼に水を張る下準備から始めます。お餅に木クズが混ざってお困りの方は、削り直し修理をご検討ください。よろしくお願いいたします。

杵の梱包ページを追加しました

杵梱包1修理で杵を送られる方がいるのですが、梱包には苦労されているようです。申し訳ないので、ホームページに梱包方法のページを追加しました。当方のサイトでは修理ページからリンクしています。
杵の梱包方法はこちらへ⇒usu.jp/kine-kon/

杵梱包2写真は当方の梱包で、修理後にお客様へ発送する杵です。大人用杵3本と子供用1本を1梱包にしてあります。しっかりとひもで縛ってください。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
※杵は通常の宅配便で発送できますが、サイズオーバーで特別な便になることがあります。運送業者にご相談いただくか、お困りの場合は当方にご連絡ください。
※3~5本ほどを1梱包でできます。少ない個数で発送された方が送料は安価になります。

修理は3月末までなので、今期最後の臼修理かも?

臼修理1当方の臼修理期間は11月から3月末までです。恐らくこの臼が今シーズン最後の修理となるのではないかと思います。

臼修理・完了これでしばらく臼の修理ができないと思うと、何だか寂しい気持ちになりますねぇ。まだ受け付けているので、よろしくお願いいたします!

Scroll Up