臼職人で杵職人の一年ブログ2

カテゴリー「修理 」の投稿

この時期に修理の杵がこんなに

杵先の削り直し修理がこんなに来ました杵先の削り直し修理がこんなに来てくれました。これ全部が修理の杵です。この時期ではとても珍しいことなんですよ。

杵先の削り直し修理後先を削り直すと気持ち良くお餅つきができますよ。お餅つきが終わったこの時期に是非修理を。遠方の方は発送で修理ができますよ。

お餅つき後の臼の修理

臼が痛んだら削り直し修理をお餅つき後の臼の修理をしています。どうしてもこの時期になると臼の仕事は落ち着いてします。まだまだ修理を受け付けていますので、よろしくお願いいたしまーす。

お餅つき後に臼杵修理を

お餅つき後の臼削り直し修理お餅つき後の臼の削り直し修理をしています。お餅つきをした後に、臼を片付ける前に修理をしようという方もいらっしゃいます。

お餅つき後に修理をする臼達ただ、お餅つき後に修理という臼は少ないですね。お餅つきで木くずが混ざったら、片付け前に臼の修理をしてはいかがでしょうか。また、お餅つきで何か気になったことがあれば、何でもご相談ください。

臼修理と黄色い菊の花

臼修理の脇の黄色い菊の花1相変わらず臼の修理をしています。今年は雨続きで作業が思うように進みません。そんな臼修理場の脇に半畳ほどの小さい花壇があって、黄色い菊の花が満開になっています。

臼修理の脇の黄色い菊の花2種を撒いたり植えたりした記憶はなく、雑草を抜くくらいでたいした手入れもしないのに、毎年よく咲いてくれます。今年は雨の影響で寝てしまいました。支柱を立てればよいのでしょうが、基本的には自然に任せています。
お餅つきのご予定がある方、修理のご依頼はお早目にお願いいたします。

特別な杵柄の交換と杵頭の交換修理

杵柄の交換修理は難しい雨が続いたので、時間が掛かる杵の修理に集中できました。使い慣れた杵を再現するような修理もしています。お餅つきを長年されている方にとって、杵はゴルフクラブや野球バットのように手に馴染む好みの形状・バランスがあるのだと思います。
まずは杵柄の交換修理です。代々使用している大切な杵とのことで、頭の部分をそのまま再利用します。

こんな柄を交換修理しました柄がかなり特殊な形状なので苦労しました。段になった部分は台カンナでは削れないので、センという両側に持ち手がある道具を使いました。いつもは柄を作るときの角から楕円になる曲面部分の荒削り用で使っています。

柄を再利用した完成品はこちらです次は柄を再利用して、頭の部分を交換する修理です。頭の部分が長くて柄が短い、かなり変わったバランスの杵です。確かにこのような杵は売っていませんよね。

杵頭の形を再現しました頭の形もできるだけ再現するようにしました。そうしないと重量バランスが変わってしまいますから。どちらの杵のお客様も気に入っていただけると良いのですが。
さらに、杵の全てを再現するようなこともしています。使い慣れて手に馴染んだ杵をどうしても使い続けたい、という方はご相談ください。

Scroll Up