臼職人で杵職人の一年ブログ

臼の修理作業をしています

修理・メンテナンスと預かっている臼11月に入ってからは、ずっと臼の修理・メンテナンスをしています。今年はコロナの影響で餅つき大会が中止になっていることから、修理のご依頼も少ないですね。

臼を手チョウナで削りり直し修理をしているところ手チョウナを使って臼の中を削り直しているところです。臼の傷みは深いので、この荒削り作業を通常は2回、痛みがひどいときは3回行います。

修理・メンテナンス・修繕が完了1修理が完了した臼です。荒削り作業の後にカンナなどの手道具で仕上げ削りをし、さらに傷んだ縁の内側を削り直して修理完了となります。

修理・メンテナンス・修繕が完了2こちらも修理が完了した臼です。全て昔ながらの手道具のみで修理していますよ。昨年のお餅つきで木くずが混ざったという方は、来年に備えて修理・メンテナンスをご検討ください。

Scroll Up