臼職人で杵職人の一年ブログ

杵の頭を円筒形にする作業

杵の頭を円筒形にする作業杵の頭部分を作っています。ケヤキの角材を八角柱にした後、電気カンナを使って円筒形に削ります。電気カンナはマキタの新型と旧型の2台使います。以前は1台だけ使っていましたが、加熱してモーターが焼き付いておじゃんにしたことがあるので。ちなみに、電気カンナのモーター焼付き修理は、新品が1台買えるくらいの修理費用が掛かります。

杵の頭部分を円筒形に普通サイズの杵の頭部分はストックが
あるので、今回は細めの8~10cmを製作中です。大人用の太さ8cmと9cmはあまり需要がないので注文製作にしていたんですが、杵専門ネットショップ開店のために太さの種類を充実させる作戦です。

Scroll Up