手掘り臼

臼商品見本

手掘り臼の歴史は縄文時代後期から。

三千年以上前の縄文時代後期に大陸から渡った稲作と鉄器。米を脱穀するために、鉄製の刃物で作られたのが日本の木臼の起源です。手掘りの臼は、今もほとんど変わらない最古の技法と道具で作られています。

臼専用の手道具による手作り。

鍛冶屋で鍛えた臼専用のオノやチョウナ、ヤリガンナなどと、大工道具のカンナやノミを使って作っています。チェンソーや電動工具は補助として使用します。

臼作りの手道具

切れる刃物の仕上げ。

手道具による切れる刃物で仕上げています。サンダーは一切使いません。腕が試されるごまかせない仕上げです。
写真はカンナ仕上げ(上)とチョウナ仕上げ(下)です。

カンナ仕上げの肌
チョウナ仕上げの肌

原木の個性を生かした臼。

自然の木は同じものは二つとありません。クセの強いけやき原木の個性を生かした表情豊かな臼を作っています。

餅つきやすいミカン掘り。

口より中が広い餅つきのための掘り方です。餅が返り臼が痛みにくい特長があります。ご希望の掘り方もできます。

臼断面図

形は安定が良い末広がり。

小さい臼でも安定の良い、上が細く底が太くなっている「末広がり形」。臼のサイズ表記は上部外径になっています。

上面は昔ながらの内側傾斜。

脱穀などで上面に飛び出した粒が中に転がり入るための昔の知恵です。そり台カンナで仕上げます。

上面の仕上げ

自然素材を生かした無塗装。

ウレタン系の合成塗料を塗った臼が多いなか、昔ながらの無塗装のままにしています。

臼の安心特典。

■ヒビ割れ3年間無料補修。

無料補修の内容は割れ止めちぎり、割れ止めクサビなどです。

■メンテナンス費用永年30%引き。

メンテナンス修理・補修費用をずっと30%引きにて承ります。
※配送は特典に含まれません。
※詳細はお問い合わせください。

臼の通信販売はしていません。

■同じ臼は二つとないため。

木の癖に合わせて作り、ときには節や傷などが出ることがあります。同じ臼は二つとないため、木の質や状態により価格を変えています。商品を直接ご覧いただいての販売となります。

■販売後のフォローが必要なため。

臼販売後1~2年はひび割れることが多く、さらに10年以上の使用で削り直しなどの修理が必要となるなど、通信販売ではアフターフォローが難しいためです。

臼価格表

ケヤキ製、無塗装、手掘り、手仕上げ(外側:カンナかチョウナ仕上げ、上部:カンナ仕上げ、内部:ヤリガンナ仕上げ)

サイズ
(上部外径)
税抜き価格
(税込み価格)
内径
(上部)
高さ 深さ 適量
40cm 約80,000円
(86,400円)
29cm 46
cm

52
cm

15
cm

22
cm

1升
42~43cm 約100,000円
(108,000円)
31cm 1.5升
45cm 約120,000円
(129,600円)
32cm 2升
47~48cm 約140,000円
(151,200円)
34cm 2.5升
50cm 約160,000円
(172,800円)
36cm 3升
以上
55cm 約200,000円
(216,000円)
38cm
60cm 約240,000円
(259,200円)
42cm

※1升=約1.4kgです。
※臼の販売価格は参考価格です。完成時に決めています。
同じ木は二つとないため、価格は質や傷などにより上下します。
※つける量は最適な量を表示しています。統一された規格はなく、業者により異なります。

■特別仕様の臼も製作します。

穴の形状、深さ、返しの大きさ、臼の高さなどのご注文も可能です。ただし、当工房の方針に合わないご注文はお受けできない場合もございます。

■材料持込みによる臼も製作します。

製作費は販売価格の6割です。無料補修はありません。

Scroll Up