工房瓦版

臼・杵の進行状況

■臼の進行・在庫状況

現在、年内納品分の臼の注文は受け付けておりません。
製作数が少ないため、ご理解くださいますようお願いいたします。

■杵の進行・在庫状況

在庫あります。通信販売も可能です。メールでご注文ください。

■臼・杵の修理・メンテナンス

修理期間は11月から3月までです。
ご相談・お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。
メールで写真をお送りいただければ、お見積もりいたします。

兵庫県立考古博物館の依頼で、弥生時代の臼杵を復元しました。

弥生復元平成19年に兵庫県立考古博物館からの依頼があり、弥生時代の臼と杵を復元しました。直径70cmの大きな臼です。弥生時代の臼の作り方は研究されておらず、簡単な図面しかありません。弥生時代にはあったであろうという道具だけを使って製作しました。
大型の木臼は縄文時代後期に伝わった稲作の脱穀用として作られました。鉄器も同じころ伝わり、大型の木臼が作れるようになったといういうわけです。手掘りの木臼は3,000年以上の歴史があり、刳物技法という、最も古い木工の技法で作られています。

テレビ・ラジオ・雑誌・新聞で紹介されました。

工房に来ていただいたり、出演させていただいたりと、本当に感謝しています。
◆H25年、農文協 シリーズ昔の農具3「うす・きね・水車」に臼製作風景をカラー写真で掲載されました。子供向けの本で図書館などにあります。
◆H23年12月、テレビ朝日、「ちい散歩」で地井武男さんがいらっしゃいました。
◆H21年1月、文化放送「くにまるワイド ごぜんさま~」内の「日本の匠」コーナーに出演しました。浜松町のスタジオでの生放送でとても緊張しました。
◆H20年12月、FM横浜「THE BREEZE」で街角レポートのコーナー「デジタル街角日記」で藤田優一さんがいらっしゃいました。
◆H20年12月(H21年1月号)、月刊誌dancyu(ダンチュウ)「おいしいお餅が食べたい」の特集で紹介されました。
◆H20年12月(12月号)、月刊コロンブス「大地の顔」で紹介されました。
◆H19年12月(H20年1月号)、NHK食彩浪漫テキスト「もち大好き!」の特集でお餅のつき方のページで4ページに渡り掲載されました。
◆H17年12月、フジテレビ「めざましテレビ、トロと旅する」で紹介されました。

Scroll Up